フコイダン一筋40年の品質

フコイダンを効率よく吸収!メカブ由来のマレ・エ・テラ
ご案内

マレ・エ・テラについて
マレ・エ・テラの原料
マレ・エ・テラの成分表
フコイダンを効率良く吸収
フコイダンとは
食物繊維は健康の味方
ホーム
 
セミナー

東邦大学 第4回公開講座

商品のご購入について

ご利用案内
マレ・エ・テラは、三陸海岸の恵まれた海域特性と清らかな海で生育した、全国一の品質を誇る陸前高田広田湾のワカメの芽株から作られます。
世界三大漁場の一つである三陸沖は、親潮と黒潮がぶつかりワカメ、ウニ、牡蠣などの海産物が栄養豊富に育つ漁場として知られています。
マレ・エ・テラの原料となる広田湾のワカメは、ビタミンやミネラルなどの栄養素を多く含んだ海水で育っているため、その栄養たっぷりの成分がマレ・エ・テラにも反映されています。

マレ・エ・テラが原料にこだわるのは、汚染された海水には重金属や放射性物質など身体に害のある成分が混ざっているため、海水を身体に取り込んで育つ海藻も、重金属や放射性物質を取り込んでいることになってしまいます。
これらの安全ではない有害物質は、化学的に手を加えることで取り外され、安全性の高い製品になるのですが、『はじめから化学物質を外す必要がない、きれいな海藻』が原料のマレ・エ・テラは、安全性が高く長期にわたって摂取することができます。

また、海藻類が健康に良いことは良く知られていますが、さまざまな成分の中でフコイダンはわずか0.1%と微量です。
例えば1kgのワカメに対して、フコイダンは1gしか含まれていません。
健康維持を目的にフコイダンを摂取するには、一日あたり2〜3gが必要量とされますがこれを生のワカメから摂取しようとすれば一日2〜3kgも食べなければならないことになります。
ただし、フコイダンは水に溶ける水溶性食物繊維なので、この特性を生かしエキスだけを抽出し飲みやすい粉末に加工しました。そのため、生の芽株を食べるよりも効率良くフコイダンを摂取することができます。
また、EPA(不飽和脂肪酸)も豊富に含まれおり、微量栄養素(ビタミン類、カルシウム、リン、カリウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、銅、亜鉛、ヨード等で、細胞の代謝に必要な栄養素)もバランス良く含まれていますので、自信を持ってお進めできる健康食品です。